【ゲーミングマウスの選び方】種類と値段・並行輸入品のメリット!

PCゲームの魅力に取り憑かれると、ゲーミングマウスが気になりますよね。

普通のマウスでPCゲームをしていると、速度や反応が気になって、ゲーミングマウスが欲しくなりませんか?

FPSMMOなどのPCゲームを楽しむにはゲーミングマウスは欠かせません。

ゲーミングマウスが欲しいと思ってもワイヤ、ワイヤレス、国産、輸入品など種類がたくさんあって迷いますよね。

そこで今回は、普通のマウスとゲーミングマウスの違い、メリットや特徴、選び方、おすすめ機種をまとめてご紹介します。

ゲーミングマウスは普通のマウスと何が違うの?

ゲーミングマウスとは、PCゲーム専用のマウスのことです。

 

PCゲームをするために作られているので、普通のマウスよりも読み取りの精度(DPI)が高いのが特徴です。

FPSではゲームをプレイ中に狙いを定めて連射や打撃をする際にマウスを激しく動かし続けます。

普通のマウスでは細かく狙いを定めたり、激しい動作に反応できないのです。

FPS用のゲーミングマウスを使えば、マウスを連打しても照準を狙った位置へ素早く移動できるのです。 

普通のマウスと比べて、ゲーミングマウスはカーソルの操作性を重視しているので、軽量で疲れも感じにくい設計になっています。

ゲーミングマウスの種類

ゲーミングマウスは大きく分けて2種類あり、「FPSTPS)」と「MMORPG」があります。

 

一般的なゲーミングマウスはFPS(TPS)のことで、読み取りの精度が高く、反応速度が速いのが特徴です。

 

とにかく使ってみるとその速さに驚くほどで、射撃や攻撃するタイプの狙い撃ちするゲームに適しています。


FPS(TPS)の形は若干大きめで手のひらにジャストフィットする感じです。

ボタンはサイドボタンが2個付いており、長時間握っていても疲れずに押しやすいデザインになっています。

 

一方で、MMORPG用のゲーミングマウスは機能性が重視されており、ボタンが10個以上付いています。

 

MMORPGは、同時に多くの人が参加してサーバーに接続してゲームを行うため、ボタンが多いのが特徴です。

ゲーム中の頻繁なキーボード操作をショートカットして、マウスだけで様々な操作やスキルを行えるようになります。

ゲーミングマウスはMMORPG用よりもFPS用の方が

人気が高く、種類もFPS用の方が多く揃っています。

 

FPS用のゲーミングマウスはロジクールなど、アレンジできるタイプなどが人気です。

 

どうしてゲーミングマウスを使わなきゃいけないの?

 

では、なぜPCゲームは普通のマウスではなく、ゲーミングマウスを使わなければならないのでしょうか?

 

FPS用ゲーミングマウスは、PCゲーム専用なので、普通のマウスよりも読み取り精度(DPI)が高いのが特徴です。

 

そのため、連射や打撃などの細かい動きがスムーズになり、滑らかな動きになるのです。

 

FPSのゲームをしていると、極狭や極小を目掛けて、

撃ち込まなければならない場面がありますよね。

 

しかし、普通のマウスや読み取り精度が低いマウスを使うと狙いが定まらず、反応が遅くなりがちです。

 

性能が良いゲーミングマウスを使えば、読み取り精度の高いので、狙いを定めて連打しやすくなり、快適にPCゲームが出来るようになりますよ。

 

ゲーミングマウスのメーカーや機種によって、形状や性能も変わるので、自分に合ったものを選びましょう。

 

ワイヤそれともワイヤレスのどっちが良い?

 

ゲーミングマウスにはワイヤ付き(有線)とワイヤレス(無線)がありますが、どっちのほうが良いでしょうか?

 

結論から言えば、好みの問題となりますが、それぞれメリットとデメリットがあるので、確認しておきましょう。

 

有線ゲーミングマウスのメリットは動作が安定すること、そして電池が切れる心配がないことです。

 

有線ゲーミングマウスはパソコンとUSBケーブルなどでしっかり繋がっているので、固定されて安定感があります。

 

有線ゲーミングマウスは、ゲームをしている最中にバッテリー切れにならないのも安心ですね。

 

デメリットとしては、夜中にイヤホンなどを使っているとコード同士が絡まり、操作に支障が出る可能性があります。

 

一方で、ワイヤレス(無線)ゲーミングマウスはパソコン周辺にコードがないので、コードが絡まる心配がないのがメリット。


ワイヤレスはパソコンから離れたリビングなどからも操作できるのも良いですね。

ワイヤレスゲーミングマウスのデメリットとしては、

ゲーム中にバッテリー切れになることです。

 

バッテリーを充電したり電池交換する手間がかかるのはデメリットと言えますね。

どちらが良いかは最終的にはお好みになりますが、人気があるのは有線ゲーミングマウスとなります。

 

そのため、有線ゲーミングマウスの方が種類も豊富に揃っています。

 

どんなゲームの時にゲーミングマウスを使うの?

 

ゲーミングマウスは先程説明したように、FPS用とMMORPG用があり、見た目も機能性も異なります。

 

どちらのゲーミングマウスを選ぶかは、プレイするゲームによって違います。

 

FPS用は主に射撃(シューティング系)のPCゲームに適しています。

 

シューティング系ゲームのためにゲーミングマウスを選ぶならば、狙った場所に素早く焦点を合わせられるように、DPIが自在に変更できるものが良いです。

 

DPIはトラッキング速度を意味しており、ゲーミングマウスの移動速度を表します。

 

DPIを自分で数値を設定できるゲーミングマウスは様々なゲームに合わせてスピードを調節できます。

 

繊細な動きができるようになり、スムーズなゲームができるようになるのがメリット。

 

一方でMMO用はゲーミングマウスにボタンが多く付いており、大勢で同時にするゲームに適しています。

 

MMO用のゲーミングマウスはボタンの数や使いやすい形を基準に選ぶと良いですね。

 

FPS用はマウスにサイドボタンが2個または3個付いていますが、MMO用は10個から12個くらい付いているものが多いです。

 

ゲーミングマウスは実際に触って使ってみた感じが異なり、性能も値段も変わるので、予算や使いやすさに合わせて選びましょう。

 

高いマウスと安いマウスは何が違うの?

 

高いマウスは反応速度が速く、使いやすさに優れています。

 

普通のマウスよりもゲーミングマウスは、長時間握っていてもグリップスタイルの疲れない設計になっています。

 

シューティング系は連打するシーンが多く、高いマウスの方が撃ちやすくクリック感も優れているのです。

クリックした時に感じやすいように、強い反発力があるバネが使われていたり、戻る速さも速いのです。

ただし、ゲーミングマウスは値段が高ければ良いわけではなく、手の大きさや使いやすさの感覚は個人差があります。

 

そのため、ゲーミングマウスは値段で選ばずに、実際に触って選ぶと良いですね。

 

レーザーそれともOPTICAL

ゲーミングマウスにはレーザー式とオプティカル(光学式)がありますが、違いは何でしょうか?

レーザー式ゲーミングマウスはどんな土台の上でも使うことができます。

レーザー式の場合は、プラスチックの上や光沢のあるデスクの上でも読み取れる精度があります。

ゲーミングマウスによっては、DPIの数値を自分で調整できるものもあり便利ですね。

一方で、オプティカル(光学式)はマウスパッドの表面に光を発して、赤色LEDと光電子センサーが平面上の動きを読み取ります。

そのため、プラスチックの上や光沢のあるデスクの上では使いにくいデメリットがあります。

両者の価格を比較すると、オプティカル(光学式)の方がリーズナブルになっており、相場は3,000円から5,000円です。

性能を重視する方にはレーザー式のほうが高性能となのでおすすめです。

ゲーミングマウスの並行輸入品と国内正規品の違い

 

アマゾンや楽天市場などで国内正規品と平行輸入品のゲーミングマウスがありますが、どう違うのでしょうか?

 

通常は同じ製品ならば品質に違いはありませんが、最近はアマゾンや楽天市場などの有名なショッピングサイトでも偽物や類似品が増えています。

 

日本はハイスペックな製品が好まれるので、国内正規品は品質では間違いないと言えます。

 

ただし、アマゾンや楽天市場などのオンラインでの平行輸入品となると、実際に届くまで本物かどうか確定できないデメリットはあります。

 

もちろん本物であれば、国内正規品よりも安くなるのでお得に購入できるのがメリットです。

 

並行輸入品のメリット

平行輸入品のゲーミングマウスは国内正規品よりも安く購入できるのがメリット。

しかし、先程も説明したように、最近はアマゾンでも粗悪なコピー品や偽物、類似品が増えてきました。

平行輸入品のゲーミングマウスを買う際には、販売店に実績があり、信頼できる店から購入するようにしましょう。

 

ゲーミングマウス最強はコレ!ロジクール(Logicool)ロジテック

 

ゲーミングマウスの最強ブランドは世界でも数々の賞を受賞しているロジクール(Logicool)ロジテックです。

 

ロジクールは、有線と無線のゲーミングマウス、センサーから形状まで様々な種類を取り揃えています。

 

PCゲーム初心者から上級者までマウスの種類が豊富に揃うので、自分にあったゲーミングマウスが見つかります。

おすすめ機種はコレ!②LogicoolロジテックG502

 

ロジクールの人気「G5」はゲーミングマウスの人気シリーズ。

 

G500sG500は本体の前面にありましたが、G502はセンサーは本体底面の真ん中に設置されています。

 

▼Logicool ロジクールG502のスペック

 

 

基本仕様

光学センサー搭載ワイヤードタイプ

ボタン数

12(左右メインボタン,チルト&センタークリック機能付きスクロールホイール,ホイール手前×2,左メインボタン脇×2,左サイド×3

トラッキング速度

300IPS≒7.62m/s

最大加速度

40G

画像処理能力

未公開

フレームレート

未公開

DPI設定

20012000 DPI50DPI刻み)

ポーリングレート

125/250/500/1000Hz

データ転送フォーマット

16bit

実測本体サイズ

約75W×132D×40Hmm

実測重量

約168g※ケーブル含む)

約124g※ケーブル抜き)

ケーブル長さ

約1.9m

マウスソール

動摩擦係数 -μ(K0.1,静止摩擦係数 -μ(S0.15

製品保証

3年間

 

おすすめ機種はコレ!②Logicool ロジテックG403

 

G403は小さめのフォルムに90gの軽量モデル。

 

左右にラバー グリップがあり、長時間プレイしても

操作を細かくコントロールしやすいのがポイント。

 

ゲームにあわせて重量は10gのウェイトを取り外しすればさらに使いやすくなります。

 

ゲームの精度が高くなり、理想的な速度を実現したゲーミングマウスです。

 

Logicool ロジクールロジテックG403のスペック

 

商品の寸法

幅 × 高さ 6.8 x 43 mm

センサー

オプティカル(PMW3366)

DPI

200-12,000

ライト 1,680万色 RGB

1,680万色 RGB

重量

90g(マウスのみ)

10g(ウェイト)

ケーブル長

2.13m

接続タイプ

USBプロトコル:USB 2.0

DPI(最小/最大)

200~12,000

USBレポートレート

1000Hz(1ms)

センサー

PMW3366

インジケーター ライト (LED)

あり

RGB ボタン数

6

 

おすすめ機種はコレ!③Logicool ロジテックG703


ワイヤレス ゲーミングマウス ロジクール G703

ワイヤレス充電対応です。

 

ワイヤレスのストレスフリーなゲーミングを楽しむことできます。

 

▼Logicool ロジクールG703

 

商品の寸法

高さ 124mm / 幅:68mm / 奥行き:43mm

重量

107.6g(マウスのみ)

ケーブル長(充電/データ) 

1.83m

トラッキング

センサー PMW3366

解像度

200-12,000

最大加速:40G以上でテスト済み

DPI

最大速度 400 IPS以上でテスト済み

USBデータフォーマット

16ビット 軸

USBレポートレート

1000Hz1ms

マイクロプロセッサ

32ビットARM

耐久性

メインボタン5,000万回のクリック

最長距離

250km範囲以上でテスト済み

電池寿命

LED使用時 24時間  

LED未使用時 32時間

 

まとめ

 

今回は、普通のマウスとゲーミングマウスの違い、メリットや特徴、選び方、おすすめ機種をまとめてご紹介しました。

ゲーミングマウスにはワイヤ、ワイヤレス、「FPSTPS)用」と「MMORPG用」、サイズもデザインも増えてきています。

使いやすさは個人差があるので、実際に触ったり口コミを参考にして、最適なゲーミングを選びましょう。

 

 

 

Previous Article